採用に関するQ&A

1. 応募をご検討されているかたへ

・ 採用までのフローを教えてください
・ 採用募集を行っている時期はいつですか
・ 現在、就業中ですが、入社の時期はどれくらい考慮してもらえますか
・ 会計事務所未経験なのですが、応募しても大丈夫でしょうか
・ 資格はやはり重要視されますか
・ どんな人がすばる会計事務所に向いていると思いますか
・ 現在いる職員はどんな人がいますか

2. 仕事の内容、研修、勉強について

・ 監査職員(税務コンサルタント)は入社当初は何をしますか
・ 所内の研修や、外部研修などはありますか
・ 給与体系はどうなっていますか

3. 女性の働き方について

・ 女性の正社員はどの様な仕事をしますか
・ 子供のいる女性はどの様に働いていますか

・ 結婚・妊娠・出産についてはどうですか

1. 応募をご検討されているかたへ



・ 採用までのフローを教えてください
求人媒体を出している時はそちらから応募してください。
書類選考ののち、一次面接及び筆記試験(SPIのようなもの)があります。
一次面接はすばる会計事務所の職員による面接で30分程度、筆記試験は1時間半から2時間程度かかります。
そのあと、最終面接があり、ご縁があった方は採用となります。
求人媒体を出していない時は、直接、すばる会計事務所の採用担当・大西宛に履歴書・職務経歴書をお送りください。
10営業日以内に結果をご連絡致します。


・ 採用募集を行っている時期はいつですか
新規のお客様が急増している関係で、現在はどの職種(正社員・パート・アルバイト)も通年で採用募集を行っております。
求人媒体を出している時はそちらから応募し、出していない時は直接履歴書をお送りください。
ご縁がある方には、どんどん入社してもらいたいと思っています。
ぜひ、ご応募ください。


・ 現在、就業中ですが、入社の時期はどれくらい考慮してもらえますか
今までの経験で言いますと、最高で4ヶ月後の入社というのがありました。
現在のお仕事の引き継ぎの関係上や、次のお仕事が決まってから退職の意思を職場に伝えたい、など様々な理由があると思います。
前職に迷惑をかけずに辞めたいという正当な理由は考慮されるのが当たり前ですよね。
すばる会計事務所にご縁がある方は、どんな理由があれ採用されると思ってください。
ですので、1年後や3年後の入社を希望される方であっても、正当な理由さえあれば考慮される可能性もありますので、まずは一度ご応募ください。


・ 会計事務所未経験なのですが、応募しても大丈夫でしょうか
すばる会計事務所で現在働いている職員には、会計事務所経験者はほとんどおりません。
銀行、生保を始め、飲食店、家電量販店、スポーツ用品店、物流、印刷会社、などなど…。
異業種からの転職組は、異業種で培ったノウハウをすばる会計事務所にもたらしてくれる大事な戦力と考えます。
会計事務所に関することは、事務所に入ってから勉強してくれれば大丈夫です。
諸先輩がたがみんなで教えてくれますので心配ありません。
ただし「簿記3級か同等程度の知識」は最低限必要になります。
簿記というのは向き不向きがありますので、入社してから「貸方借方がどうしてもわからない…」というのではちょっと困ります。


・ 資格はやはり重要視されますか
資格はあったほうが良いですが、最重要ポイントではありません。
他の事務所では「税理士科目1科目以上合格者」などが応募条件となっているところもありますが、すばる会計事務所では「簿記3級か同等程度の知識」が最低条件です。
これは別にレベルの低い人でも入社しやすいわけではありません。
すばる会計事務所が最も重要視している点が資格ではないだけです。
すばる会計事務所が最も重要視している点は「社会人としてのコミュニケーション能力と、相手の言葉を受け入れる素直な心、そして常に勉強する前向きな気持ちがあること」です。
たとえ税理士科目5科目合格者であっても、上記がない人はすばる会計事務所では採用されません。


・ どんな人がすばる会計事務所に向いていると思いますか

・社会人としてのコミュニケーション能力が高い
・相手の言葉を受け入れる素直な心の持ち主
・常に勉強する前向きな気持ちがある
・会話が明るい
・きちんとあいさつが出来る
・どんな仕事でも嫌がらずに出来る
・時間にきちんとしている
・自分から調べたり、先輩に聞いたりすることができる
・勝手な自己判断をせず、報連相が出来る

向かない人
・自分だけの仕事しかしたくない
・他人とは協力したくない
・自分の仕事以外は余計な仕事と考える

あとは、飲み会が好きな社員がいるので(全然飲まない職員も多数います)飲み会自体が嫌いな人は辛いかもしれません。
それと、社員旅行やお花見、忘年会・新年会などの社内行事や、有志でフットサル、BBQなどもあるので「業務時間以外のプライベートな時間は一切職場とは関わりたくない!」という人には向かないかもしれません。


・ 現在いる職員はどんな人がいますか
詳しくはスタッフ紹介をご覧ください。
基本的に、すばる会計事務所は人が良いのが自慢の一つでもあります。
職場の雰囲気もとても明るいですし、くだらない冗談もよく飛び交っています(仕事はちゃんとしてますよ)。
すばる会計事務所では、入社が自分より上の人は全員「先生」であり、誰に何を聞いても答えてくれる聞やすい環境があります。
自分の周りにいる職員は誰を捕まえて聞いてくれても構いません。
監査職員はチーム制をとっているので基本的にはチームリーダーに聞くことが多くなりますが、リーダーもいつもいつも事務所にはいませんし、そういう時にはその場にいる先輩職員にどんどん質問してください。
特にそうしなさいという制度があるわけではなく、誰も教えることを嫌がらないだけなのですが。
すばる会計事務所では、みんなそうやって一人前の監査職員になっていった歴史があるからですね。
(ただし、何度も同じ事を聞いて覚える気のない人はその限りではありません)
異業種からの転職組も多いのも特徴です。
銀行、生保を始め、飲食店、家電量販店、スポーツ用品店、物流、印刷会社、などなど…。
異業種からの転職組が多いせいか、いわゆる普通の会計事務所とは少し違った雰囲気かもしれません。
それぞれがそれぞれの個性を持ち寄って今のすばる会計事務所を良くしようとしています。

2. 仕事の内容、研修、勉強について



・ 監査職員(税務コンサルタント)は入社当初は何をしますか
まずは、事務所内部で雑用や入力補助をしつつ事務所の雰囲気に慣れてもらいます。
具体的には、事務所内での入力や事務作業、税務署・お客様からの電話対応、その他にも来客時のお茶出し、入金処理などもしてもらいます。
これらの作業は入社時の年齢や経歴、男女の差別なく行って頂きます。
入力作業は基本的に配属チームの先輩の作業を手伝う形で覚えていただきます。
この時に「何かやることありますか」と積極的に手を上げてくれる人にはどんどん仕事を覚えて頂きます。
比較的早い時期からチームの先輩とお客様(関与先)に同行し、そこで監査の仕事を覚えます。
しばらくして、成長の状況を見て一人で訪問するようになります。
また、監査や決算に必要な手順を実戦形式で学べる独自のテストも多数用意してあります。
このテストは先輩職員が講師となり、具体的な解き方を教えてくれるテストですので、決して簡単ではありませんが、ちゃんと勉強すれば100点の取れるテストです。
100点目指して頑張ってください。
その他、ビジネスマナーを学べる外部研修も受けていただきます。


・ 所内の研修や、外部研修などはありますか
所内の研修としては、所得税や消費税、法人税、年末調整など税務監査に必要不可欠な業務を学ぶテストや、月に4回スタッフ全員が集まって最新の税法改正点や税務事例集を使っての具体的な勉強会、週に1度職員が講師となって他の研修DVDなどを見てそれを職員に教えるチーム別プレゼンなどがあります。
たとえ税理士試験に合格したとしても税務は毎年変更がありますので、こうした勉強会よるインプットは必要になります。
その他、大同生命の生保の勉強会もあります。
すばる会計事務所の監査職員は全員が生命保険を募集するための資格を保有し、企業防衛(中小企業の社長が不慮の事故などの時に従業員やその家族が路頭に迷わないための備え)に努めています。


・ 給与体系はどうなっていますか
基本的にすばる会計事務所は業界未経験者が多いのですが、無資格で未経験者の場合は前職の能力を考慮して23~21万円くらいのスタートが多いようです。
資格を持っている場合は資格手当がつきます。
新卒や社会人経験なしの場合はもう少し低くなります。
賞与は年3回です。
ただ、すばる会計事務所は頑張れば頑張っただけ加算される手当が多いため、初年度からでも年収アップが見込めます。
具体的な手当として、決算手当、拡大手当、増収手当、企業防衛(生命保険)手当、レスポンス手当、営業手当、テスト賞金、などなど…。
新人が一番簡単に手に出来る手当にはテスト賞金があり、テストで良い点を取ると賞金がもらえるというものです。
残業手当は固定給の中にあらかじめ含まれて支給されます。
残業はリーダーと代表に報告書にて提出する義務があるため、不当な残業をすることはありません。
すばる会計事務所では、お客様に対してどれだけ作業時間を費やしたかを管理しているため、無駄に作業時間を増やすことも出来ません。
出来る限り作業効率を上げて、早く帰宅できるようにしています。

3. 女性の働き方について


・ 女性の正社員はどの様な仕事をしますか
基本的に入社時に「税務監査職員(税務コンサルタント)」として入社された正社員は、男性職員と全く同じお仕事内容になりますし、給与体系も全く同じです。
優遇されることもなければ、冷遇されることもありません。
すばる会計事務所では、お客様へのお茶出しなども新人職員の仕事であり、女性特有の仕事ではありません。
男性職員と同じく、やりたいと手を上げて頂いた仕事には積極的にチャレンジしてもらいたいと思います。
ただ、女性ですので、夜遅くに男性のお客様のところへ監査へ行くような仕事は考慮しています。


・ 子供のいる女性はどの様に働いていますか
すばる会計事務所では、未就学児のいる女性も働いています。
働き方としては、時短制度を使った正社員と、扶養内のパートの方がいます。
時短制度を使った正社員は、朝8時45分の朝礼から17時まで就労しています。
時短制度を使った正社員でありながらリーダーでもあるで、2週に1度リーダー会議に参加するため、朝8時に出勤することもあります。
その他、残業が出来ないので、仕事が忙しい時には朝早く来て仕事の調整をすることもあります。
外部の研修に出席することもありますが、基本的には時間の調整がつきやすい内部の仕事を担当しています。
扶養内のパートは、基本的には週5出勤で、出社と退社の時間は定めていません。
ただ、入金処理の関係でほとんどの場合、9時半までには出勤しています。
退社の時間は、今日はお昼を食べずに帰りますという時もあれば、今日は仕事が多忙なので16時までと様々です。
勤務時間の管理は、扶養内の範囲で自由に決めてもらっています。
自分に与えられている仕事を責任持ってやって頂けるのであれば、時間の裁量は任せても良いと考えるからです。
どちらにも共通して言えるのは、お子さんの急な病気や学校行事などでお休みすることが、他の職員と比べてどうしても多くなってしまうことです。
あらかじめ時間の調整がききやすい仕事を割り振っていますが、どうしてもこの日は休めないという日にはご主人様にお休みいただいたり、ファミリーサポートを利用するなどしてもらっていますが、基本的には周りの職員でカバーしています。
なお、時短制度の正社員も、扶養内パートも勤務年数と週所定労働日数に応じた有給休暇が付与されます。


・ 結婚・妊娠・出産についてはどうですか
すばる会計事務所では、産前産後の休暇、育児休業など所内規定があります(無給)。
すばる会計事務所に入所した後で、結婚、妊娠、出産をされた場合も、安心して職場に戻ってきてください。
出産後の仕事に関しては、家庭環境もありますし、本人と相談したうえで無理のない仕事をしていただきます。
現在も、未就学児のいる女性も働いておりますので、お子さんの急な病気などにも対応できるよう、周りの職員でカバーできる体制があると思います。
ぜひ、すばる会計事務所で長く働きたい、という方に選んでもらいたいと思います。


subarusaiyou001.png

saiyou1.png

saiyou2.png

saiyou3.png

saiyou4.png

seisyain.jpg arubaito.jpg pa-to.jpg


会計事務所業界に就職したい人のための情報提供サイト