• HOME
  • 中小企業経営力強化支援法に基づく「経営革新等支援機関」に認定されました
mainImage[1].jpg

経営革新等支援機関認定制度の概要

 


近年、中小企業を巡る経営課題が多様化・複雑化する中、中小企業支援を行う支援事業の担い手の多様化・活性化を図るため、本年8月30日に「中小企業経営力強化支援法」が施行され、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う経営革新等支援機関を認定する制度が創設されました。

 認定制度は、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験を有する個人、法人、中小企業支援機関等を、国が経営革新等支援機関として認定することにより、経営分析や事業計画策定に係る中小企業による支援機関に対する相談プロセスの円滑化を図るものです。

つまり、どういうことかというと?


支援(1) 社長さんの“夢の実現”に向けて事業計画の策定を支援します。

支援(2) 毎月、貴社を訪問し、親身に経営アドバイスを行います。
※お客様との取り決めにより、顧問料の引き下げを条件に毎月訪問でないお客様もいらっしゃいます。

支援(3) 正しい会計ルール(「中小会計要領」等)の積極的な活用を支援します。

支援(4) 信用保証機関や銀行等から信頼される決算書を作成します。

支援(5) TKCシステムの利用を通して、毎月、現状を分析し、打ち手を提案します。

支援(6) 社長さんご自身が、自身を持って、業績と事業計画を説明できるようになります。

支援(7) 社長さんへの信頼が高まるので、貴社の資金調達力が向上します。

支援(8) 経営者塾等を開催し、社長さんに勉強の場を提供します。
詳しくはこちらをご覧ください→「中期5カ年経営計画立案セミナー「将軍の日」




subarutop1301.gif